図書館司書

図書館司書の仕事

図書館で働く職員が「図書館司書」です。図書館司書の仕事は、図書館の利用者が気持よくサービスを利用できるように、環境を整えたり、さまざまなサポートをおこなうことです。

 

図書館司書

本の貸出やカウンター業務はもちろんですが、他にも利用者の調べものを手伝う「レファレンス」という仕事やどの本を所蔵するかを決める選書、関連する講演会の企画などもおこないます。

 

本が好きなことはもちろんですが、本と人を知るコミニケーション能力が必要な仕事なのです。当サイトは、図書館司書の仕事内容から資格習得の方法まで、分かりやすく解説している情報サイトになります。興味がある方は、ご参考にして頂ければ幸いです。

 

 

図書館司書になるためには

図書館司書になりたいのであれば、「司書資格」を習得する必要があります。司書資格は、図書館の専門職員の資格であり、国家資格となります。

 

司書資格を習得するためには、以下の3つの方法があります。

 

@大学・短期大学で定められた司書課程の単位を取得する。
A大学・短期大学を卒業した後に司書講習を受ける。
B司書補として3年以上の実務経験を積んだ上で司書講習を受ける。

 

@の方法は、大学在学中に卒業単位と合わせて、司書になるための単位を習得していくことになります。

 

Aの方法は、大学卒業後に資格を習得するケースになります。通学と通信、どちらでも受講をすることができますので、働きながら図書館司書を目指す方におすすめです。

 

Bの方法は、まず司書補の資格を習得して、3年間司書補として働いたあとに、図書館司書になるケースです。司書補は大学卒業が条件となっていないため、高卒の方が図書館司書を目指す唯一のルートになります。

 

この3つの中から、自分に合った学校・方法を選び図書館司書を目指していくことになります。

 

学校選びの5つのポイント

 

読書

図書館司書の資格を取得できる大学はいくつもあるので、どの学校にすればいいか迷ってしまうこともあると思います。

 

学校を選ぶ際には、以下の5つのポイントに注意しましょう。

 

1,講座・カリキュラムの内容

学校によって、講座・カリキュラムの内容に違いがあります。働きながら資格を習得するのであれば、内容だけでなくスクーリング(面接授業)のペースなどについても、よく確認しておくとよいでしょう。

 

2,費用

費用も学校によって、約10万円〜30万円近くまで幅広く設定されています。別途教材費やスクーリング料を徴収している場合もありますので、費用は資格を習得するまでのトータルで計算するようにしましょう。

 

3,学習期間

半年〜4年と学校によって資格を習得する期間に違いがあります。単に短期間で習得できるから、といった理由で選ぶのではなく学習ペースについても確認しましょう。

 

4,学習ペース

学習ペースは、自分の計画とよく照らしあわせたうえで、無理なく学習できる学校を選びましょう。いくつかの学校を比較したうえで決めるとよいでしょう。

 

5,教育訓練給付制度に対応しているか

教育訓練給付制度とは、卒業後に実際に支払った学費の20%(上限10万円)が国から支給される制度です。この制度を採用している学校とそうでない学校がありますので、よく確認しておくことをおすすめします。

 

上記のポイントは少なくともチェックしたうえで、学校選びをするとよいでしょう。しかし全ての学校を調べて、それぞれ比較するのは大変です。そんな方のために、簡単に司書講習を受講できる大学を一括比較できるサービスがあります。

 

資料の請求は無料ですので、気になる学校をいくつかピックアップして比較してみるとよいでしょう。送られてくる資料に目を通すだけでも、新しい発見があると思います。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

ブラッシュアップキャプチャ

ブラッシュアップロゴ

「ブラッシュアップ学び」は、年間10万人以上が利用するスクール情報量No.1の通信講座専門サイトです。図書館司書の資格を取得できる大学の料金や講座内容を一括比較することができます。憧れの司書を目指すのであれば、まずは資料を請求してそれぞれの学校について確かめてみましょう。無料の資料とは思えないほど写真や教材内容について書かれており、体験者の声はとても参考になります。

 

詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

【当サイトについて】

図書館司書資格を取得するためには基本的に大学を卒業することが前提となります。高卒でも司書補になることで資格取得のルートを開くことができますが、司書補として3年以上の実務経験が求められますから、大学に通うのと同じ程度の時間がかかるわけです。短くても短大の2年、通常は4年かけて取得することになるこの資格、取得することでどのようなメリットがあるのでしょうか。最大のメリット、というより資格を取得する目的となるのが図書館で司書として勤務てきるようになること。公立図書館での仕事は安定した雇用環境が期待できるでしょう。また、公立図書館以外にも市立図書館や大学図書館、国会図書館などの就職先も期待できます。学校教諭の資格を持っていれば学校図書館で働く司書教諭になることも可能です。また、本に囲まれて仕事ができるという点も本好きにとってはたまらないメリットとなるはずです。また、図書館司書は正規雇用だけでなく、派遣やアルバイトでの雇用も多いのが特徴です。非正規雇用と言うとどうしてもマイナスイメージが伴いますが、家庭の事情でフルタイムの仕事ができない主婦なども仕事を続けることができるメリットがあります。安定した収入と雇用環境で、しかも時間の都合をつけながら家事・育児と両立できる。そんな魅力的な環境を得られるメリットもあるのです。こうした就業面でのメリットを資格取得の最大のポイントとなるのではないでしょうか。当サイトが、これから図書館司書の資格を取り、図書館で働きたいと考えている方のきっかけになれたなら幸いです。当サイトは、21世紀になってからの社会的、技術的動向も踏まえながら、日本の図書館情報学の全体像を示す概説書になります。同時に高等教育機関における図書館情報学專門教育のための標準的な教科書を目指しています。「図書館」と「情報」と「学」という3つの単語が組み合わされたこの分野の特性については別ページで詳しく記載していますが、一言で言えば、意味、あるいは内容に伴った情報を時間的空間的にやりとりする過程を対象に、それを扱う方法や仕組みの開発に特化した分野とも言えるでしょう。19世紀前半に始まった図書館学は19世紀末から20世紀初頭に英米圏にも取り入れられ、図書館学と発展しました。情報を紙などの媒体に載せ配布したり、電子書籍のように電波に載せて伝えていた時代には、このような過程、あるいは扱う方法や仕組みは新聞学、出版学、放送学などメディア別の学問分野の対象となっています。その時代に発展した図書館学は、それらの領域と関わって、メディア生成後の組織化と再利用を扱う分野だと言えます。20世紀の半ばに図書館学は、情報や知識を選ぶものとして文献資料を収集、組織化、保存、提供を扱う社会的な場が図書館であり、その橋渡し的な存在が図書館司書です。そのため、専門知識や技術を培った図書館の専門職員、司書を大学で養成する際の基盤的学問となり、図書館のプロフェッショナル化に貢献したとも言えるでしょう。英語圏では、それを強調したライブラリアンシップという言葉が現在でも頻繁に使われています。