図書館司書 資格 メリット

図書館司書資格を取得するメリットとは?

図書館司書資格を取得するメリットとは、どのようなものがあるのでしょうか。メリットが分かれば、勉強するモチベーションを維持することが出来ます。

 

ここでは、図書館司書資格を取得するメリットについて、ご紹介していこうと思います。

 

就職の際に有利となります

図書館司書の資格を取得していることのメリットの一つとして、就職の際に有利となることが挙げられます。

 

図書館で働くためには司書資格が必須となるわけではありません。図書館で働く方の中には、図書館司書などの資格が無く、無資格という状態で働いている方も多くおられます。

 

ですが、実際に求人情報などを見てみると、図書館司書の資格が必須となっている場合が多くなっていますので、そのような点で有利となることはメリットと言えます。

 

給料や任される仕事などについても、無資格者と司書資格所持者では差が出てきますので、このような点についてもメリットがあります。

 

自分の仕事に自信が持てるようになります

図書館司書として働いていく上で、無資格という状態で働くことと、司書資格を所持して働く事では、自分の仕事に対する自信に大きな差が生まれます。

 

司書資格を所持しているという事で、自分の仕事に自信を持つ事が出来る様になりますし、そのことが図書館を利用する方に対応する際にも、良い提案を行う事が出来たりすることに繋がっていきます。そのような点も、図書館司書資格を取得するメリットだと言えます。

 

また、図書館司書の資格を取得するにあたり、多くの専門的知識を身につけることが出来ます。その学習から身についた専門知識は、自分が図書館司書であるという自覚を持つことにもなりますし、図書館を利用する方とよりよい関係を築いていく事が出来る様になります。

 

同じ図書館で勤務するのであれば、知識は多いにこしたことはありません。しかも、専門的な知識となりますので、他の職員と自分を比較して落ち込むなんてこともなくなります。