図書館司書 通信教育

図書館司書 通信教育の受講料

通信教育の費用を比較するなら♪

ブラッシュアップキャプチャ

ブラッシュアップロゴ

「ブラッシュアップ学び」は、通信制大学の情報量No.1の資料一括請求サイトです。全国の司書を目指せる通信制大学の学習カリキュラム、料金などを一覧比較、まとめて資料請求ができるので便利です。資格の取得までかかる費用は、それぞれの大学の料金体系、あなたの最終学歴や必要とされる単位数によっても異なります。これから資格を目指す方は、まずは自分の気になる学校の資料を取り寄せ、カリキュラムや料金体系について確かめてみましょう。

 

資料請求

 

通信教育で資格を取得するには?

図書館司書の資格は、大学で所定のカリキュラムを修了する以外に、卒業後に司書講習を受講し取得する方法があります。

 

司書講習は毎年7〜9月頃に実施されており、短期間で資格を取得できるメリットがある一方で、数ヶ月間は大学に缶詰め状態となってしまうため、一般社会人には不向きとされています。

 

そこで、おすすめなのが「通信教育」です。

 

仕事を続けながら資格を取得を目指す方や、自宅の近くに大学が無い方でも、通信教育であれば無理なく受講が可能です。

 

司書過程を受講できる通信制大学は全国に複数あり、中には、スクーリングも不要、100%自宅学習のみで資格を取得できる大学も出ています。

 

受講料はどれくらい?

通信制大学を検討する際、大きなネックとなるのが受講料ではないでしょうか。

 

では実際、図書館司書の通信教育の受講料はどの程度かかるものなのでしょうか。

 

通信教育を選ぶ際は、経済的な事情も踏まえたうえで選択するようにしましょう。

 

受講料はの平均は?

正確な受講料に関しては、通信教育を開講している大学や、あなたの最終学歴、必要となる単位数などによっても異なってきますが、だいたい10〜30万円前後が平均となります。

 

大学によっては、受講料以外に、テキストやスクーリングに必要な費用が別途かかる場合もありますので、その点は念入りに確認しておくと良いでしょう。

 

なお、図書館司書の通信教育は「教育訓練給付制度」の対象となっています。

 

この制度を利用できる講座を受講すると、修了後に授業料の一部(最大20%)を給付金として国から受け取れる場合もあります。

 

対象となっている学校と、そうではない学校があるので、この点もよく頭に入れておくと良いでしょう。

 

もちろん、受講料だけを重視するのではなく、学びやすさ、テキストの質、就職実績などを比較するのも忘れてはいけません。

 

特に通信教育の場合、自宅学習以外にも、長期休暇(GW・夏季・冬季など)を利用したスクリーングや面接授業が必須となる場合が多いです。

 

お気に入りの学校を見つけたら、一度体験授業や無料説明会に参加してみるのもおすすめです。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック