図書館運営

図書館運営の指針について

市民の図書館

「中小都市における公共図書館の運営」(通称:「中小リポート」)と並び、現在も図書館関係者に日本の図書館史の参考図書として読み継がれる本に、1970年に刊行された「市民の図書館」(編纂:日本図書館協会)があります。

 

1960〜70年代の日本の図書館活動を牽引した日野市立図書館の館長・前川恒雄が著したもので、前著「中小リポート」に不足していた記事に加筆を加え、当時の日野市立図書館をはじめ全国の図書館の効果的な事例を交えながら、あらたな図書館運営の提案を行いました。

 

日野図書館の館長だった前川恒雄は、著書の中で、次の3点を最重要点として挙げています。

 

1.市民の求める図書を貸し出すこと。
・・・住民が、読書の楽しみを享受し、また、日常的に必要とする知識を得ることができる図書館の情報提供機能を重視し、貸出しの徹底を図る。

 

2.児童の読書欲求に応え、サービスを徹底すること。
・・・読書習慣は、多く児童期に形成される。児童へのサービスを徹底して行うことから、図書館ユーザーが厚みのある層へと拡大し、図書館の利用が増加する。

 

3.あらゆる人びとに図書を貸し出し、図書館を身ぢかな場として認識してもらうために、地域にサービス網を巡らせること。
・・・日野市立図書館の例にみられるように、本館-分館-移動図書館といったかたちをとってサービス網を張り巡らせ、市民に寄り添い、市民が等しく図書館の機能を利用できるようにつとめること。

 

以上の課題を目標に置きました。

 

さらに、税金からなされる図書館の運営について、関係者には行政コストや効率を意識する責務があると訴え、さらに、資料費の増大の意義とともに、蔵書の回転率を重視する蔵書回転率を念頭に、年間受入れ冊数を割り出す必要性を説きました。

 

現在では、特に1.のように、のちに“貸出し冊数の多さで図書館の評価が決まるのか”といった論議の対象となることもありましたが、広義に、その後の日本の図書館運営の規範となった一冊とされています。