図書館司書

最短で図書館司書になるには?

図書館司書になるためにはどれぐらいの時間がかかるのか

 

図書館司書になりたい、それもできるだけ早く。そう願っている人は実際にどの程度の期間で資格を取得することができるのでしょうか。この問いに答える前に、図書館司書を取得するための条件を確認しておく必要があります。

 

簡単にいえば、
@大学・短期大学で司書に必要な課程を修了し卒業とともに取得する方法

図書館司書

A大学・短期大学を卒業した後に司書講習を受講して取得する方法
B司書補を3年以上勤めて取得する方法
の3種類があります。

 

この点を踏まえたうえで、最短期間を確認する必要があるといえるでしょう。

 

 

大学・短期大学を卒業した後に取得する場合

 

大学に在学している期間に図書館司書になろうと思っていなかった場合、つまり社会人になってから所定の大学で開講されている司書講習・通信教育を利用して資格を取得する場合には、1〜2カ月程度が最短期間となります。

 

この場合、夏休みに大学で開催される司書講習で必要なすべての単位を取得することになります。しかし、全ての夏休み(お盆を除く)を朝9時から夕方5時までフルタイムで講習を受けなければならず、短期間で資格が取れる分、相当な気合いと体力が必要となるでしょう。

 

他に仕事をしながら通信講座で図書館司書資格を取るのであれば、単位を少しづつ取得していきますので、半年〜2年くらい掛けて自分のペースで資格の取得を目指す方が多いようです。

 

大学へ入学して取得する場合

 

図書館司書

一方、大学へ入学して取得を目指す場合、短期大学へ入学後に所定の科目を履修する方法が一番の近道となるでしょう。短大ですから2年で取得するのが最短になります。

 

ただし、卒業に必要な科目とあわせて図書館司書の単位を履修していく訳ですから履修の数が多くなり、4年制と比べて多少ハードな大学生活を送る覚悟が必要になってきます。

 

このように最短で図書館司書になるにはどうしたらよいかという問いに関しては、過去に大学・短大を卒業した経歴があるのか。それによっても答えが異なると言えるでしょう。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック