図書館司書

どうすれば図書館司書になれる?

図書館司書の資格を取得するための条件

 

図書館司書になるためには司書の資格を取得する必要があります。この資格を取得するためには所定の単位を取得する必要があるわけですが、その際には受講資格ともいえる条件が課されています。

 

本

まず大学・短期大学で定められた司書課程の単位を取得すること。それから大学・短期大学を卒業した後に司書講習を受けること、3つ目は司書補として3年以上の実務経験を積んだ上で司書講習を受けること。

 

これらのうちどれかを満たした上ではじめて資格を取得を目指すことができるのです。

 

ルートごとの違い

 

これら3種類の方法はそれぞれ辿るべきルートに大きな違いが見られます。大学で単位を取得する場合は卒業に必要な単位と一緒に履修・取得していくことになります。

 

大学卒業後に司書講座を受ける場合には、通学での受講と通信教育での受講の2種類があり、後者なら働きながらの取得も可能です。

 

最後の司書補としての実務経験を経る場合には司書補の資格をまず得ることが求められるのですが、この資格には大学卒業が条件となっていないため、高卒の人が図書館司書の取得を目指す際には唯一のルートとなります。

 

このように、どうすれば図書館司書になれるかは選択肢の違いだけでなく、資格を取得するうえでの環境が重要なポイントとなってきます。

女性司書

 

年齢や仕事を持っているかどうかなどを踏まえたうえで、最適な選択肢を選ぶ必要があるわけです。

 

例えば社会人が図書館司書を目指す場合には、これから新たに大学入学を目指すよりも、所定の大学に設置されている通信教育を利用して司書になるために必要な単位のみを取得するほうがはるかに効率的だといえるでしょう。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック