図書館司書 施設

図書館司書が働く施設の種類

図書館司書の勤務先は、基本的には、図書館となっています。以下の通り、図書館の館種別にご紹介しましょう。

 

1.国立国会図書館

 

国会の立法・調査活動のサポートを中心とする図書館だが、全国の図書館活動のサポートも行う。閉架式だが、一般向けの情報提供サービスも行います。また、納本図書館として、国内で刊行された本の収集を行い、資料の目録情報の提供を行います。明治以降に刊行された図書・雑誌・新聞などを電子化した「近代化デジタルライブラリー」をネットで公開しています。

 

2.公立図書館

 

県立・都立・市町村など、自治体が設置した公立図書館は、地域住民に対して、図書館サービスを無料で提供する図書館になります。貸出しは図書だけではなく、CDやDVDなど、視聴覚資料の貸出しも行います。また、地域に関する情報提供を行い、住民のニーズに対応して、各種の研修や文化講座、ブックトークなどのイベントや、ビジネスや学習支援なども行います。

 

3.大学図書館

 

学生・教職員らの学習や研究のために必要な資料を収集・保存・提供する図書館です。最近では、国立大学の法人化などによって、近隣住民のための生涯学習施設としても機能するようになりました。情報提供をはじめ、近隣図書館への協力や、学外の利用も推進するなどの社会貢献を行っています。

 

4.学校図書館

 

高校・中学校・小学校に置かれる図書館です。子どもと本を結びつける専門的職務「司書教諭」を置くこととされているが、現在、一定規模以下の学校には配置されていません。

 

5.専門図書館

 

ある特定の“専門”分野の情報について、学術的資料、新聞、雑誌、書籍などを収集・管理する図書館です。専門家をはじめ、その分野の関係者など、主に会員に情報提供しています。例:「NHKアーカイブス」「江戸東京博物館図書室」「大原社会問題研究所」企業内図書館が含まれ、雑誌をコレクションした「大宅文庫」(※下記)もこれにあたる。

 

6.私立図書館

 

公益法人として認可を受けた民間の団体が設置した図書館です。図書館資料は、設置者の意図にしたがって収集管理されています。例:「現代マンガ図書館」「大阪産業労働資料館など」。「大宅文庫」はこちらにも含まれます。