図書館司書 年収

図書館司書の年収

専任の場合

 

専任で図書館司書となる場合、その多くが公共図書館の図書館司書であり、自治体職員として公務員に準じた待遇となることが多いようです。この場合、各種手当などを含めて年収は300万円以上になることが多いです。

 

また、大学図書館など専門性が高い図書館にて勤務する場合、一種の専門職として扱われるため、月収で20万円〜30万円前後、年収では250万円〜350万円ぐらいだといえるでしょう。

 

本

ただ、こうした大学図書館の司書は、図書館司書として熟練した人が採用されるケースが多い傾向にあります。

 

全体的な話として図書館司書は専任であっても、特に年収が高い職業とはいえないでしょう。ただ、比較的負担も小さい職業なので、長く続けられるという点で結果的に「安定した職業」であるとも考えられます。

 

非常勤の場合

 

図書館司書は専任の図書館司書(正規職員)と非常勤での勤務で、大きく給与・年収が違ってきます。

 

派遣や契約職員といった形で働いている図書館司書の年収は大体が200万円以下、150万円前後という例が多いようです。

 

ほぼフルタイム勤務で150万円という年収はかなり低いと言わざるをえない現実がありますが、それでもなお図書館司書の仕事自体にやりがいを感じて勤めている人が多いというのも確かです。

 

図書館司書

ただ、図書館司書自体が他の職業と比べても長く続けられるタイプの職業であることは確かなので、仕事につきものな健康上のダメージや、倒産・業績不振による失職の危険性などを加味すると、安定性がある分、単純な年収額以上にパフォーマンスは良好だという見方もできるでしょう。

 

実際に働いている人の声を聞いてみると、利用者さんの笑顔や感謝の言葉が何ものにも代えがたい報酬になるという意見がとても多いです。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック