図書館司書 仕事

図書館司書ってどういう仕事?

図書管理

 

図書館司書の業務の基本部分となるのが、図書館の「図書管理」になります。図書館に収蔵されている図書・資料は、快適に利用できるように常に整理されている必要があります。

 

図書整理

これは、利用者が閲覧することによって分類場所から動いてしまった資料や、返却された資料の再配置といった整理整頓の他、新しく入ってきた図書・資料などの分類配置、そして古くなって状態が悪くなった資料や、場所が足りなくなった場合の入れ替えなどが主なものとなります。

 

また新しくどのような資料を増やすかという選択も、図書館司書の大切な役割となります。

 

利用者対応

 

図書館司書の仕事としてもう一つ重要なのが、図書館を利用する人への応対です。こうした業務でまず思いつくのが「貸出・返却」の業務でしょう。

 

現在の図書館は、だいたいが本につけられたバーコードを読み取って図書館全体のデータベースに登録、利用者のカードも読み取って貸し出し可能かどうかを判断して(冊数上限や延滞など)、問題なければ諸注意をインフォメーションした上で貸出しといった流れになります。

 

返却は窓口の場合もあれば、夜間返却ポストを経由しての場合もあるでしょう。この辺りの業務は、施設によっても導入されている機器によっても多少変わってきます。

女性の図書館司書

 

どこもあまり変わらないのが、利用者から探している本を聞かれたり、施設の利用法を尋ねられたりといった相談・質問の部分です。特に公共の図書館は実にいろんな人が訪れますので、こうした応対の部分が仕事の大半を占めるでしょう。

 

このほか読み聞かせ会など図書館で行われるイベントの運営・管理に関わることも、図書館司書の大切な仕事になります。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック