司書教諭 仕事

司書教諭の仕事内容

司書教諭という仕事

 

学校の教諭と司書の両方を兼ね備えた存在ともいえる司書教諭。なるためには通常の図書館司書とは異なる資格が求められます。それだけに高度な資格ともいえますが、一方、学校図書館でどのような仕事を行っているのか、イメージがわかない人も多いでしょう。

 

図書館のカウンター業務はすぐに思い浮かびますが、他にはどのような仕事をしているのか。また公立図書館での仕事とどのような違いがあるのか、疑問が次々と浮かんできます。

 

具体的な仕事内容

 

具体的にはカウンター業務、書籍の選定・購入、蔵書、書棚の管理、施設の掃除な点検など、まず図書館司書全般の仕事が挙げられます。

 

重要なのはそれ以外の点でしょう。これに関しては司書教諭になる際に受講が求められる講習の内容から推し量ることができます。たとえば「学習指導と学校図書館」。読書感想文や調べ物など、学習の中には図書館の蔵書を活用する内容もあります。

 

その際に適切な書籍を用意し、求められるタイミングで提供できる環境を用意するのも司書教諭の重要な役割です。それから「読書と豊かな人間性」。読書を通して人格形成を行っていくのも学校教育の柱のひとつ。とくに活字離れが進んでいるといわれる現代社会においては重要な意味を持つでしょう。

 

子供にまず本に対して興味を持ってもらい、そこからより深い読書の魅力を知ってもらう、そんな学校図書館の環境を作るのも司書教諭の仕事なのです。他にはインターネットなどの情報メディアの活用も仕事内容に含まれます。このように、通常の図書館司書とはまた異なる多彩な役割、仕事内容が求められているのです。

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?