図書館司書

図書館司書に向いている人

図書館司書にも適性が

 

図書館で図書の貸し出しサービスを行い、書籍の整理や管理を行っているのが図書館司書。その仕事のイメージから資格さえ取得すれば誰にでもなれる仕事というイメージがあります。

 

事務系の職業というイメージも強く、それほど難しいスキルが求められないと思われている面もありそうです。しかし、実際に図書館司書の仕事を勤めようと思うと性格面も含めた適性が求められます。地道な仕事が大半となりますから、向いていない人では耐えられない面もあるのです。

 

スキル以外にも性格面の適性が重要

 

図書館司書の適性では、おもに性格面が重要になります。スキルに関しては資格を取得する段階で必要なものは得ているからです。

 

性格面ではまずなんと言っても本が好きなこと。これは大前提です。基本的には本に囲まれて仕事をすることになるわけですから。しかも純粋に本が好きであることが求められます。

 

これはどういうことかといいますと、必ずしも好きなジャンルだけを扱うわけではないからです。あくまで来館者のニーズに応えられるサービスを提供する必要があります。ジャンルに関わらず本そのものに対して愛着を持てることが重要な適性となるでしょう。

 

また、本に対する客観的な視点も求められます。近年図書館で扱われる書籍の多様化が進んでいます。一昔前にはまともな本と認められていなかった若年層向けの作品も扱われるようになっています。そうした本の価値を認め、相応しい書籍を選定して注文することも求められるのです。

 

極端な話、図書館司書はスキルよりも性格面の適性が最大のポイントになってくるといってもよいでしょう。本が好きでコツコツと地道に仕事を続けていける人こそが天職となるでしょう。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?