図書館司書 メリット

図書館司書のメリット

本好きには天職

 

図書館司書という職業のメリットは、まず図書館司書という仕事そのものに強い愛着を抱くことが出来るという点が挙げられます。

 

これは、図書館そのものが好き、本が好きという人に関して言える話ですが、そうした人にとってはまさに「好きなことを仕事にする」と言っても良いレベルの職業だといえるでしょう。

 

読書

利用者の対応はもちろんしつつも、一日中本に触れていることが楽しいと感じられるような人にとっては、この上ない天職になりうるというのは、対象こそ狭いものの強烈なメリットだと言えます。

 

また、基本的に図書館内は静けさが保たれますので(保つのも業務のうちですが)、静寂を好む人、騒音や喧騒に耐えられないという人にも非常にメリットの大きい職業だと言えます。

 

長く続けられる職業

 

図書館司書の業務は、日々の図書管理や利用者への応対、新規図書の選出、図書館内でのイベント管理などですが、このどれもが「激務」「体に悪い」「過重ストレス」といった要素からは縁遠いものです。

 

もちろん、図書館によってはマナーの悪い利用者が多くて手こずる、ストレスが溜まるといったこともあるでしょうが、同じ地域で接客業をすることを考えれば格段の差です。

 

体力的な面でも介護の現場スタッフなどと違って制約が少なく、業務内容が数カ月でめまぐるしく変化するようなこともないため、一度仕事に慣れてしまえば、ほぼ一定のペースで長く仕事を続けることができるという点は大きなメリットだといえるでしょう。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック