図書館司書

図書館司書として得られるもの

図書館司書のやりがい

 

これからの時代、仕事は単に生計の手段ではなく、人生をかけておこなっていくやりがいが求められるといわれています。収入を超えた仕事への情熱ややりがいが必要となるわけです。

 

では図書館司書の仕事にはどのようなやりがいがあるのでしょうか。やりがいというよりも使命といってもよいのが読書人口を増やす役割。もっとも手軽に本と接することができる場として、少しでも多くの人に読書の醍醐味を知ってもらう義務が図書館司書にはあります。

 

返却の際に読んだ本が面白かったと言ってもらえときの喜び、館内を案内して読みたかった本を見つけてあげた時の相手の喜びは、図書館司書の醍醐味を味わうことができる瞬間となるでしょう。

 

図書館司書の仕事を通して得られるもの

 

また、仕事を通して得られるものもあります。たとえば世代ごとのニーズの把握。最近の若年層はどういったタイプの本を好んでいるか、高齢者にはどういった本が向いているのか。

 

仕事を通してこうした点も把握していくことができます。また、これまでまったく興味がなかった本と出会う機会も得られるでしょう。個人では決して得られない膨大な数の書籍と触れる機会が得られる仕事。意外なきっかけから人生を変えてくれる素敵な本との出会いもあるかもしれません。

 

このように、図書館司書は本を媒介として多くの人と触れ合い、新たな出会いをもたらしてくれる仕事です。お金では代えられないものを得られる魅力的な仕事といえるのではないでしょうか。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?