図書館司書 難易度 合格率

図書館司書資格の難易度・合格率

資格を取得する際に重要なポイントとなるのが難易度と合格率。とくに働きながら資格取得を目指す人にとってはどれだけ取得しやすいかが大きなポイントとなります。

 

難易度が高ければ高いほど高いステータスを獲得できますが、高すぎるとモチベーションを維持するのが難しくなるもの。では、図書館司書の資格の難易度・合格率はどの程度となっているのでしょうか。

 

図書館司書資格は、試験を受けて合否を判定するといった方式で取得するものではないため、具体的な合格率の数字はありません。

 

大学で司書となるための科目を履修・修了するか、司書講習を受講・修了するかの2通りのルートが用意されています。つまり、このルートを無事通過することができれば誰でも図書館司書になることができるのです。

 

その意味では合格率は100パーセントともいえます。そう考えれは、それほど難易度の高い資格とはいえないでしょう。

 

難易度・合格率だけでは計れない

 

ただ、求められる科目・講座の修了のためにはそれなりの努力が必要です。たとえば大学で科目を履修する場合には、卒業に必要な単位と併せて学んでいくことになるため、普通の学生に比べて獲得が必要となる単位が多くなります。その分忙しい学生生活を求められることになるでしょう。

 

また、司書講習を受講する場合には短期間で集中的に学ぶ必要があるほか、通信教育でコツコツと学んでいくなど特殊な環境化での努力が求められます。

 

ですから合格率や難易度だけで計れる資格ではなく、やる気と司書の仕事に対する意欲の高さが資格取得のための大きなポイントとなるでしょう。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?