図書館司書 給料

図書館司書の給料

常勤(専任)の場合

 

現在、専任の図書館司書というのはその多くが公共図書館勤務で自治体職員(地方公務員)となっているか、大学図書館などで専門性の高い図書館司書として働いている例がほとんどを占めます。

 

そうした状況を背景として考えると、お給料は大体月給制で、18万円〜になります。自治体職員の場合、更にいくつかの手当がついてボーナス等も期待できますので、それなりの額にはなるでしょう。ただし、こうした専任(常勤)の比率は減少していますので、簡単には就職できないという面も忘れてはいけません。

 

非常勤の場合

 

現在その比率を増やしているのが、非常勤で働く図書館司書です。こうした勤務の場合、だいたいが契約職員や派遣、委託職員として働いています。

 

非常勤での図書館司書勤務においては、連日フルタイムで働くわけではない関係上、時給制や日給制で給与が計算されることが多くなります。

 

派遣職員の例で時給900円週5日の8時間勤務で月給13万円〜といった給料が一般的であるようです。また、基本的に昇給制度などはなく、勤続10年でも採用直後と変わらないお給料ということも多いようです。

 

率直に言って、非常勤の図書館司書のお給料は決して高いとは言えない水準であり、一般的な基準から見ても低い部類に入ります。そのため、多くの人が家事をしながらや共働きの主婦などが就業しているようです。

 

別の言い方をすれば、そうした高くはない給与でも図書館司書という職業が好きで、司書として働きたいという人が、非常勤の図書館司書として働いているともいえます。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?