図書館司書 資格取得

図書館司書の資格習得方法

図書館司書の資格を目指そう

 

図書館司書の仕事に注目が集まっています。活字離れを食い止めるためのさまざまな取り組みを行ったり、高齢者の生きがい探しに本を役立てるといった活動を図書館が活発に行うようになっており、その中心として図書館司書の役割が求められているのです。

 

図書館で働くという安定したイメージもあり、司書を目指す人も多いようです。図書館司書になるためには資格を取得する必要があります。これは所定の単位を履修・修了することによって習得することができるのですが、その際には受講資格をクリアしている必要があります。

 

司書課程のある大学で履修するか、大学卒業後に司書講習を受講するか、司書補の実務経験を3年以上経たうえで司書講習を受講するかの3通りです。

 

自分に向いた資格習得方法を

 

選択が求められるのは司書講習を受ける場合。講習を実施している大学で受けることになるのですが、方法には2種類あります。まず通学で受講する方法、もうひとつは通信講座で受講する方法。前者の方が短期間で習得することができ、後者は時間の都合をつけながら習得することができます。

 

とにかく早く資格を習得したいという場合には前者を、働きながらなど生活とのバランスを考えながら習得したい場合には後者を選ぶことになるでしょう。

 

図書館司書の資格習得方法では、まず求められる条件をクリアしているかどうかを確認し、そのうえで自分の環境にあった選択肢を選ぶことが重要になってくるのです。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?