図書館司書補 資格

図書館司書補の資格習得方法

資格を取得するための条件

 

図書館司書をサポートする仕事が図書館司書補です。図書館資格を取得するための資格をクリアしていない人がそれを満たすために取得することが多い資格でもあります。では、この資格はどのよう習得方法で取得することができるのでしょうか。

 

まず条件を満たしておく必要があります。多く分けて2つ。ひとつはすでに司書補の資格を有していること。それから高等学校、中学校を卒業、高等専門学校第3学年を修了したうえで司書補の講習を修了していること。

 

問題になるのは2つ目でしょう。図書館司書と違って大学卒業が条件とならないのです。中卒でも可能ですが、いわば誰でもなることができる資格なのです。

 

具体的な方法

 

図書館司書補になるためには司書補講習を受ける必要があります。この点は図書館司書と同様ですが、科目と単位が異なります。具体的な講習内容は以下の通りです。

 

・生涯学習概論…1単位
・図書館の基礎…2単位
・図書館サービスの基礎…2単位
・レファレンスサービス…1単位
・レファレンス資料の解題…1単位
・情報検索サービス…1単位
・図書館の資料…2単位
・資料の整理…2単位
・資料の整理、演習…2単位
・児童サービスの基礎…1単位
・図書館特講…1単位

 

こうしてみると基本的な内容が柱となっていることがわかります。専門的な科目も多く用意されている図書館司書に比べると知識量において一歩譲る面があるといえるでしょう。

 

ただ、図書館司書補の講座を取り扱っている大学は非常に少なく、まず自分に合った環境を見つけることがポイントとなってきます。これから図書館司書補を目指す場合は、習得方法とともにこの点も注意した上で情報収集を行っていきたいところです。

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?