図書館司書

図書館司書とは

話題の図書館司書

 

「お給料はそこそこでも、長く続けられる仕事はないか」「静かに真面目に勤めることの出来る仕事はなんだろう」「本が好きで図書館は第二の住居」こうした要望や希望を持つ人に勧められることが多いのが「図書館司書」という職業です。

 

司書

図書館司書は仕事として決してハードではない一方、勤めるのには資格が必要になる事が多いため、就職出来れば専門職としてある程度安定した収入を期待できるという、優良な職業の一つです。

 

こうした職業としての優良さに加えて、図書館に縁深い人、図書館という場所自体が好きな人、以前図書館司書にお世話になったというような記憶を持つ人が、図書館司書という働き方を考えることが多いようです。

 

図書館司書とは

 

文科省の定義によると図書館司書は「都道府県や市町村の公共図書館等で図書館資料の選択、発注及び受け入れから、分類、目録作成、貸出業務、読書案内などを行う専門的職員」とされています。

 

簡単にいえば、図書館の図書管理全般を担う専門職員であるといえるでしょう。ただ、具体的な業務の内容と立ち位置は勤務する図書館によってかなり変わってきます。

 

例えば公共図書館での勤務であれば基本の業務に加えて、不慣れな利用者への案内や迷惑な利用者への注意などが頻度的に増えるでしょうし、学校図書館であれば図書館スタッフとしての面に加えて教諭としての側面、相談者としての役割も求められることが多いでしょう。

 

「図書館司書になりたい」と考える場合、そうした図書館ごとの違いも考慮に入れておく必要があります。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック