図書館司書補

図書館司書補とは?

図書館司書に関連する資格として図書館司書補があります。その名称からもわかるように、図書館司書を補佐、サポートするための資格です。

 

図書館司書になるためにはおもに3つのルートがあります。大学で所定の単位を取得すること、大学卒業後に司書講習を受けること、そして司書補を3年以上勤めたあとに司書講習を受けることです。つまり司書補から司書を目指すルートもあるのです。

 

司書補の最大のポイントは「中卒・高卒でもなれる」点にあります。他の2つのルートは大学・短大卒業が前提となりますが、司書補なら高卒でも取得可能です。高卒から司書補として実務経験を積んで司書を目指すことも可能なわけです。

 

図書館司書との違い

 

では図書館司書とはどのような違いがあるのでしょうか。一般の利用者からは区別をつけるのが困難ですが、おもに資格を取得する際の知識が少ない点が挙げられます。とくに専門分野の科目が存在しないため、書籍や司書業務に関する専門的な知識が不足している面もあります。それを実務経験を補うことによって司書になる資格を獲得していくことになるのです。

 

それ以外では業務そのものに大きな違いはなく、図書の貸し出しや書籍の管理などを行うことになります。おもに図書館司書の司書講習の受講資格を満たしていない人が、条件をクリアするためのステップとして取得する資格といえるでしょう。

 

大学を卒業していなくても図書館司書になる道が開けているという点において、「図書館司書補」は大きな意味がある資格です。

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?