図書館司書 能力

図書館司書に向いている能力

図書館司書の能力とは

 

図書館司書に能力が必要、言われてもピンと来ない人も多いかも知れません。確かに専門知識は必要ですが、あとは地道に仕事をこなせるかどうかにかかっていると思われがちだからです。しかし図書館司書に求められる役割の中には生まれつき、あるいは経験によって得られる能力が求められることも多いのです。

 

その典型的なものが事務処理能力です。毎日数多くの本の貸し借りが行われる図書館。その状況を常に把握しておく必要があります。

 

返却された本を処理せずにそのまま本棚に戻ってしまったり、貸し出し処理をせずに貸し出してしまったり、現在の図書館では機械化が進んでいるものの、司書の事務能力はやはり重要です。これは専門知識だけではどうにもならない点でもあります。

 

コミュニケーション能力も

 

それから意外に思われがちなのがコミュニケーション能力。図書館は幅広い年齢層が利用する場所。子供から高齢者まで、すべてのニーズに応えるためにもコミュニケーション能力が求められます。これは単に会話をスムーズに行う能力ではなく、相手の意図を察し、それを見極めたうえで対処する能力も求められます。

 

たとえば読みたい本のタイトルがよくわからない場合、あるいはテレビ化・映画化された作品の原作を読みたいけれども作者もタイトルもよくわからない、そんな場合にすぐに求める本を紹介できる能力が求められます。

 

そのためには本に対する知識、それも時代のニーズに合わせた知識も求められます。このように、図書館司書にはさまざまな能力が求められます。多くは経験によって得られるものですが、だからこそ日々の地道な仕事が求められるのです。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?