司書教諭

司書教諭とは?

図書館の種類と司書の資格

 

図書館といえば、まずほとんどの人が公立図書館を連想することでしょう。日ごろから愛用している人も少なくないはずです。私たちにとってもっとも身近な存在であり、本との出会いをもたらしてくれる場所でもあります。

 

しかし図書館には他にも種類があります。そして学生にとってもっとも身近な場所となっているのが学校図書館です。とくに小中学生にとっては読書の楽しみを見出す重要な場所でもあります。

 

この学校図書館で司書として働く場合には、通常の司書資格だけでは不十分で、加えて特別な資格が求められます。学校図書館は就職先としても非常に魅力的なだけに、司書教諭を目指す人も多いようです。

 

司書教諭とは?

 

では司書教諭とは具体的にどのような仕事を行うのでしょうか。図書の選定や発注、所蔵本の管理や整理といった通常の司書の仕事はもちろんですが、学校図書館ならではの仕事もあります。

 

たとえば児童・生徒に読書を促す仕事。学校の推薦図書や読書感想文の宿題などとリンクしたうえで書籍の紹介や発注を行います。また子供たちのニーズに応えた本を揃えることも重要です。

 

最近ではライトノベルなど「ヤングアダルト」と分類される書籍を積極的に導入している学校図書館も増えていますが、これも司書教諭が選択したうえでの判断となります。ほかにも公立図書館から本を取り寄せて児童・生徒のニーズに応える仕事もあります。

 

このように、所蔵本を通して子供たちに読書の喜びを伝え、学習に役立てる役割が司書教諭に求められるのです。その意味では特別な資格が求められるのも当然のことと言えるかもしれません。

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?