図書館司書 知恵袋

図書館司書の知恵袋エントリー一覧

「町」の図書館が面白い

全国的にはまだまだ7割以上の町や村に図書館がないという事実がありますが、近年町村図書館の新設が続々とおこなわれています。図書館司書の採用といえば今まで既にあった図書館の欠員補充がほとんどでしたが、最近では町の図書館の開設のための新スタッフなどの募集が増えてきました。開設準備室長や館長なども含め、新し...

続きを読む

市町村立図書館に求められる要素

市町村立図書館は住民の身近な図書館としての役割を果たすために、公立図書館の基本的な働きである資料(本や雑誌など)提供に徹しています。県立図書館も物流をともなったネットワークの中心となり、市町村立図書館のサービスを支援していく協力事業に力を入れています。市町村立図書館は、図書館建設の準備段階から経験豊...

続きを読む

図書館司書に求められる役割

図書館司書採用試験の内容公立図書館の図書館司書採用試験では、図書館振興の基本に関する認識がいつも問われています。「中小都市における公共図書館の運営」や、「市民の図書館」という日本の公立図書館発展の原点となった図書館思想や歴史認識などが細かく出題されます。これはどこの図書館でも即一人前の戦力として司書...

続きを読む

役所の中でも人気の図書館司書

図書館司書の仕事は、役所の中でも人気のある仕事だと言えるでしょう。法令や制度にのっとった一般業務とは異なり、職員の創造力や知的な探究心などが求められる仕事なのです。利用者が求める本を探し出し、提供することが出来た時の喜びは何にも代えがたい喜びとなるでしょう。中々手に入れにくい書籍であればある程に、利...

続きを読む

図書館司書資格の重要性

資格の持つ意味社会にさまざまな仕事がありますが、その仕事に就くために必ず取得しておかなければいけなかったり、一定以上のスキルを証明するための証として「資格」があります。資格の中には、国家資格だけでなく、関連した職能団体が自主的に規定するものもあります。国家資格も大きく2つに分けることができ、医師、裁...

続きを読む

図書館司書の仕事は、図書館を作ること?

図書館を作るというと少し大げさかもしれませんが、現在も昔も、図書館司書には「図書館を作る」という姿勢が求められています。例えば、図書館に資料(書籍など)を集め、知的宝庫としての図書館という場所を作っていくこと。図書館では、学習に必要な資料が豊富に所蔵されていなければ意味がありません。魅力的な本・読み...

続きを読む

図書館司書講習の受講について

図書館法が制定された当時は、まず実際に図書館で働く現職者が資格を取得することを目的としていたため、法律では、文部大臣が委託する講習の受講することが図書館司書の資格を取得する一般的な方法でした。当初講習では、「教育学部または学芸学部を有する大学」が実施すると定められており、国立大学が中心となって実施さ...

続きを読む

通信教育による図書館司書講習の受講について

大学に在籍していない人や、講習を受けようにも地域的・時間的にも難しい人が、図書館司書資格を取得しようと考えた時に、1番現実的な方法が大学の通信教育を受けることになります。大学に正規の学生として入学しなくても、必要な科目だけを履修して、単位を取得することができる「科目等履修生」になることも可能ですが、...

続きを読む

図書館司書カリキュラムの特徴

図書館司書の資格取得に必要な科目は、図書館法施行規則の中で定められています。2010年から一部施行されており、2012年に完全施行されています。こちらのカリキュラムに関しては、文部科学省の「これからの図書館の有り方と検討協力者会議」において検討、日本図書館協会などの意見も盛りあわせて、「司書資格取得...

続きを読む

「司書認定制度」と「図書館情報学検定試験」について

今、たいていのことは、インターネットで調べることが可能です。けれども、高度な知の宝庫へのアプローチは、インターネットでは限界があります。より深い知識をもつ専門職としての司書の育成を目指し、設けられた検定制度が2つあります。1つは(社)日本図書館協会が主催し、2010年にスタートした「司書認定制度」で...

続きを読む

ライブラリアンシップとは

晴れて図書館員になったからには、高い志を掲げて、仕事を遂行してゆきたいものです。図書館員としての高い志とは、「ライブラリアンシップ」という言葉に代表されます。シップ(SHIP)とは、名詞にプラスして『状態・身分・職・技量・手腕』を示す造語。スポーツをする人のあるべき姿として、スポーツマンシップが、ま...

続きを読む

危機管理も図書館司書の仕事

図書館が好ましくない状況に陥りそうな際の「危機管理」も、ライブラリアンシップの必須要件。その一つに、クレームへの対処があります。以下、ベテラン司書から聞いたトラブル対処法を2点、ご紹介しましょう。閲覧室で、はじめは声を潜めて話していたのが、じきにクスクス笑いからお喋りに発展してしまった高校生グループ...

続きを読む

「ブックトーク」の求められる能力

長い年月、“知の宝庫”として君臨してきた図書館。おとなの目線からみると、流行りの本を無料で貸してくれる図書館や、資料探しの手伝いをしてくれる有能な図書司書の存在は、とてもありがたいものです。でも、何よりもその前に、大人になる前の子どもたちが進んで来館し、読書と出会うきっかけをつくりたい。そんなことを...

続きを読む

図書館の意義と役割

現在、図書館が生涯学習社会の重要な役割を果たし、市民の生活層に浸透したこともあり、図書館のイメージは陳腐化し、その存在意義が揺らぎつつあると言えます。その背景にある原因は様々であり、一言では言い表せないほどです。大きくは、価値観の多様化であり、経済格差の増大であり、メディアの豊富さがもたらした弊害で...

続きを読む