図書館司書 資格

図書館司書資格の重要性

資格の持つ意味

 

社会にさまざまな仕事がありますが、その仕事に就くために必ず取得しておかなければいけなかったり、一定以上のスキルを証明するための証として「資格」があります。

 

資格の中には、国家資格だけでなく、関連した職能団体が自主的に規定するものもあります。国家資格も大きく2つに分けることができ、医師、裁判官、検事、弁護士などは国家試験に合格をすることで資格を取得できます。教員、看護職、保育士、栄養士などは、大学等の教育期間で一定のカリキュラムを修了することで、国家資格を取得できるようになっています。

 

そういった意味でも、資格というものは、ある専門の職業に従事する人間が、その職をこなすのにふさわしいスキルを保持しているかどうかを示すための、社会的証明だという見方もできます。

 

図書館司書の資格について

 

図書館で専門職員として働くために必要な資格は、司書、または司書補になります。これは図書館法によって、正式に規定されており、指定の大学で一定のカリキュラムを履修することで取得できる資格です。

 

図書館についてのある程度の専門知識と技能を保持者として認められたのが、司書資格という訳です。総務省が定めている日本標準職業分類において、「専門的・技術的職業従事者」の中に司書を掲げているのも一例だと言えるでしょう。

 

しかしながら、現在、図書館で働く際に、司書資格の有無が、絶対的な要件として問われないといった実情があります。図書館司書という仕事が、今だ専門職として確立されていないといった見方もできます。

 

言い換えれば、図書館の仕事は資格がなくてもこなすことができる、司書がいなくても特に問題ない、といった風にも受け取れます。

 

確かに、資格を持っていなくても素晴らしい仕事をしている図書館職員の人もたくさんいます。逆に資格を保有していても、専門家と呼べるものではなく、やる気が感じられない職員もいます。

 

ですから、資格の有無以上に、大切なのはやる気や意欲であり、利用者に親切に明るく対応できるコミュニケーション能力に優れた人材がいるのは確かですが、継続的に図書館という仕事に就くのであれば、図書館についての一定の基礎的な学習を経験して、最低限のスキルは身に付けるべきだいう意見も否定できません。

 

上記のような理由から、司書資格を取得するということは、即専門家としての証として不充分ではありますが、専門家への第一歩であり、長く働いてくうえで不可欠な要素だと言えるでしょう。