図書館司書 役割

図書館司書に求められる役割

図書館司書採用試験の内容

 

公立図書館の図書館司書採用試験では、図書館振興の基本に関する認識がいつも問われています。「中小都市における公共図書館の運営」や、「市民の図書館」という日本の公立図書館発展の原点となった図書館思想や歴史認識などが細かく出題されます。

 

これはどこの図書館でも即一人前の戦力として司書を採用する訳ですから、図書館を運営するための基本的な知識を持っているか、そしてその場所で力を磨き力を発揮していけるかどうか、という司書としてもっとも基本的な認識を試験という場で試しているといえるでしょう。

 

読書をすることは司書の出発点であり、本が好きだからこそ、本を利用する人の喜びを自分の喜びとして受取り仕事にも精が出るのです。また利用者の求める資料や情報を、資料案内やレファレンス業務などを通じて正確かつ迅速に提供することが求められます。

 

他にも本と人との豊かな出会いを支える選書や資料提供の基本となる資料の組織管理や子供達に本を読む喜びを伝える児童サービス、自治体内のどこに住んでいても住民が気軽に利用できるための移動図書館サービスなど・・・司書に求められる役割は少なくありません。

 

司書に求められる能力

 

司書には、上記であげたような極めてオーソドックスな働きを地道に遂行し、いかに粘り強く取り組んでいくかということが求められていると言っても過言ではありません。もちろんそれぞれの図書館の地域特性などが館運営や司書の働きに付加されることは当然のようにありますが、図書館の基本の働きを遂行してはじめて地域特性などに合わせた活動ができるのです。

 

図書館は地域住民の暮らしや学びに精通しており、知的好奇心全体に関わる施設になりますから、図書館の大小に関わらず、利用者の資料・情報のあらゆる分野の要求に応えていく必要があります。

 

このような利用者の要求に図書館が応えていくためには、司書が中心となって機能していかなければならないし、小規模館で職員数が少なければ1人ひとりの司書の能力が試されます。

 

また図書館全体ではなく、個々の図書館が住民の資料要求に応えていこうとすれば、図書館同士のネットワークを充分に活用して資料を提供していく姿勢が欠かせないといえるでしょう。

 

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?