図書館司書

図書館司書ってどこで働く?

図書館司書の就職先

 

図書館司書はどこに就職し、働くのでしょうか。当然図書館だろうと思う人がほとんどでしょう。もちろんそうなのですが、図書館といってもさまざまな種類があります。

 

就職先としてもっとも有力なのはやはり公立図書館でしょう。全国各地の自治体には必ずといっていいほど図書館が設置されています。大きな自治体なら複数の図書館があります。求人数の多さ、司書ならではの仕事など司書の資格を取得した人なら誰もが最初に選ぶ選択肢となるはずです。

 

それ以外には民間の図書館もあります。あまりイメージする人は少ないかもしれませんが、民間の調査期間や企業などが独自に図書館を運営している場合もあります。そこでも司書が活躍しているのです。特定の分野、専門的なジャンルに絞って蔵書を用意しているところも多く、それに対応できる専門知識が求められます。

 

他には大学図書館も有力な選択肢となるでしょう。なお、小中学校の学校図書館では司書教諭という別の資格が必要となります。

 

雇用形態にも注意が必要

 

図書館司書の場合、働き先だけでなく雇用環境にも注意が必要です。公立図書館ともなると公務員に近いイメージがありますが、実際には正規雇用だけでなく派遣や委託、さらにはアルバイトといった非正規雇用もあるのです。

 

ひとつの図書館に長い間勤務するのではなく、さまざまな図書館を渡り歩くというケースも考えられます。ですから、仕事先を見つける際には就職先、雇用形態ともに幅広い選択肢を用意したうえで判断することも重要となります。

 

図書館司書の資格取得を目指している方におすすめ

通信講座検索サービスで学校の特徴を比較する

ブラッシュ個別1

ブラッシュアップ学び

ブラッシュ個別2
詳しくはこちらをクリック 詳しくはこちらをクリック

 

実際に資料を請求しました♪

ブラッシュ個別3

詳しくはこちらをクリック

 

この記事を読んでいる人はこんな記事も読んでいます

図書館司書の資格を取るなら・・・通信制7大学を徹底比較!

図書館司書の年収ってどれくらい?

最短で図書館司書になるにはどうすればいい?